• HOME
  • 当センターの理念 principle
  • 院長紹介 director
  • 診療時間・アクセス access
  • クリニック紹介 clinic
  • 費用について price
  • 初めての方へ
  • 診療の流れ
  • 当院の痛みの無い内視鏡検査

情報ブログ

2017年7月20日 木曜日

がん治療を確実に行なうためにも、定期的な内視鏡検査を行いましょう

日本人の死因の中で最も多いのががんによる病死です。最近はがん治療の技術も向上し、早期発見できれば投薬治療や放射線治療など、患部を切除しなくても行なえる治療で十分対応できます。それでも死因が1位のまま変わらないのは、がんの発見が遅れやすいことが、大きな原因の一つとして挙げられます。

たとえば胃がんの場合、がん細胞が現れたばかりの段階では、身体にほとんど変化は見られません。多少症状が進行して痛みを発するようになっても、ただの胃痛と勘違いすることがあります。それだけ胃の変化は気づきにくく、通常では考えられない痛みが出るなど、明らかに違う症状が出たときに、ようやく気づいたという方が大勢います。

さらに厄介なのが、そうした派手な症状は、進行度が中期から末期ごろに現れ、がんを発見したとしても、治療が困難な状況に陥りやすいという点です。末期症状になるころには、治療が手遅れになってしまうので、定期的な内視鏡検査で、胃がんかどうかチェックしましょう。

内視鏡による胃がんの検査では、内視鏡を胃に送りこんで検査します。よく胃の内視鏡検査の最中にえづいて気持ち悪くなったり、治療後のどが痛くなるなど辛い思いをしたという方がいます。それが原因で検査を嫌がる人も多いので、当院では経験豊富な医師が検査を担当し、細径の内視鏡を使用するなど、とにかく苦痛を和らげられるよう対応しています。

短ければ10分以内に検査を終えられるので、検査が怖いという方にもおすすめです。胃がんなどの病気のほか、ピロリ菌の検査や除菌治療も行なっているので、胃の健康が気になるという方は、大阪にある当院にご相談ください。

投稿者 医療法人秀裕会

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
かんやまクリニック 大阪内視鏡センター 06-6780-3600 〒571-0030 大阪府門真市末広町1-11 診療時間 午前 9:00~12:00 検査 13:30~16:00 午後 16:00~18:00 ※水曜は午前のみ ※土曜は午前・検査のみ 休診日 日曜